初4Kにオススメ 27インチ4Kモニタ「LG 27UL500-W」レビュー

レビュー

BenQのフルHDモニタから乗り換え「LG ゲーミング モニター ディスプレイ 27UL500-W」を購入しましたのでご紹介します。Amazonのクーポン等で33,000円程度でしたのでスペックからするとかなりお買い得な逸品だと思います。

LG 27UL500-W 開封レビュー

今回購入したのは、下記の商品。27インチ4Kモニタ「LG ゲーミング モニター ディスプレイ 27UL500-W」です。

HDR対応の4K IPSモニター。AMD RADEON FreeSyncテクノロジーや、DAS(Dynamic Action Sync)モードなどの各種ゲーミング機能も搭載。 HDR(標準輝度:300cd/㎡)に対応する4K(3840×2160) IPSモニター。滑らかな描写を可能にする「FreeSync」や、映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」。暗いシーンの視認性を高める「ブラックスタビライザー」などのゲーム機能

27UL500-WはAmazon限定ですが、似た機種として27UL550-Wという型番があり、こちらはAmazon限定ではありません。UL500とUL550の違いは、UL550の方はモニタースタンドが可動式で、高さを変えたり、回転させることが可能です。性能はまったく同じです。UL550のほうは可動スタンドの分少し割高なので、価格差によってはその差額でUL500にモニターアームをつけたほうがいいかもしれません。

「27UL550-W」は、HDR10規格に対応し、広い視野角で鮮やかかつ自然な色合いを実現する4K解像度(3840×2160)のIPSパネルを採用。HDRは明るい部分をより明るく、暗い部分をより深い黒で表現することができ、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)では色の識別が困難であったキメ細やかな映像を鮮明に描写することが可能です。

仕様

  • 画面サイズ:27インチ (597×336mm)
  • 大きさ:623×460×209mm(スタンド含む)
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • 液晶パネル:IPS
  • 応答速度:5ms
  • HDR:HDR10
  • 高さ調整:不可
  • チルト:-5~15°
  • VESAマウント:100×100mm
  • 入力端子:HDMI×2、DisplayPort×1
  • 色調整:全台数キャリブレーション
  • ゲーム向け機能:高速な描写を実現する 「FreeSync」、 遅延を最小限に抑える 「DAS(Dynamic Action Sync)モード」、暗いシーンの視認性を向上「ブラックスタビライザー」
  • サポート機能: 目の負担を軽減する「フリッカーセーフ」「ブルーライト低減モード」

作業メインの使用方法なのでIPSパネルにしました。「ゲーミング モニター」として売られていますが、「ゲーム機能も付いている」程度なのであまり期待しないほうがいいと思います。ガチゲームモニターならTNパネルのもののほうがオススメです。

HDR10には対応していますが、HDR400(Display HDR)かどうかは不明です。ちなみにHDR400やHDR600はHDR10の上位規格と勘違いしやすいですが、HDR10は「映像データに関する規格」、HDR400やHDR600などはDisplayHDRという「ディスプレイ側の表示性能に関連する規格」なので、HDR400はHDR10の40倍の性能などという意味ではありません。わかりにくすぎ。

外観・同梱物など

内容物
付属品

付属品の一覧

  • HDMIケーブル1本
  • DisplayPortケーブル1本
  • 電源&ACアダプター
  • スタンド部品3個
  • CD-ROM(ドライバー、説明書など)
  • セットアップガイド
  • 保証書(3年保証)、修理に関するご案内
  • ハンドリングガイド、ディスプレイクオリティレポート
モニタ裏面

入出力端子は簡素で、HDMI×2、DisplayPort×1、ヘッドホン(ステレオミニジャック) ×1のみです。100×100のVESA規格(モニターアーム)に対応しています。

組み立ては簡単で、スタンド部品をつまみねじ(手で回せるねじ)で組み合わせた後、本体裏面下部のねじ穴にスタンドをねじ止めしてキャップをかぶせるだけです。ねじ止めにはドライバー(プラスドライバー)が必要です。
なお、スタンドは上下の傾き(チルト)のみ対応で、高さや左右回転、縦表示には対応していません。モニターアームに対応しているので、高さなどを変えたい場合は、100×100のVESA規格モニターアームをつけるか、スタンド強化版の27UL550-Wを買いましょう。

モニタ表面

本体裏面が白なのに表面のベゼルは黒なので、インテリアとして見た目ににこだわる人は気になるかもしれません。そして今時の機種にしてはベゼルが太めでデザイン的にはいまいちな感じです。

使用感など

Amazon内のレビューでは汚れていたとか、バリがひどいとかありましたが、特に何もなくきれいでした。ドット欠けや常時点灯も特にないと思います。もっとも、27インチ4Kだとドットが小さすぎて欠けていてもわからないそうですが。

4Kで27インチモニタというのは画面がかなり小さく、100%表示では字が小さすぎて読めない状態になるため、Windowsの設定で150%拡大をして使っています。当初125%拡大で使っていましたが、やはりちょっと小さすぎるので150%にしました。デスクのサイズと画面との距離に余裕があるのなら32インチを選んだほうが4Kをそのままのサイズで楽しめます。

150%拡大とはいえ、フルHDよりも1.5倍に作業領域が拡大したので作業が捗ります。また、ドットの密度がはるかに高いので見た目はとても高精細できれいです。FHDを見るとアナログテレビを見ているような感覚になります。もう戻れない。

不具合(仕様)

古いソフトで表示が乱れる

古いソフトは4Kモニタのスケーリングにうまく対応しておらず、文字がギザギザになったりします。

標準のメモ帳
JTrim

プログラムのプロパティから「高いDPIスケールの動作を上書きします。」を設定することで、なめらかに表示することができますが、ソフトによってはこの設定をするとアプリケーション内の文字のサイズがおかしくなったりします。

標準のカラープロファイルがおかしい?

自分の環境だけかもしれませんが、ドライバに付属する標準のカラープロファイル(LG HDR 4K)は、LightroomなどのAdobeソフトで色味がおかしくなるようです。sRGB IEC61966-2.1 をつかっています。

まとめ

良い点

  • (この機種に限ったことではないが)4Kは高精細&作業領域が広い
  • 4Kモニタで最安価レベル(Amazonのセールやクーポン時など)
  • 光(演色性 ・ムラ)が比較的きれいで明るい
  • スピーカーやUSBなど余計なものが無い(人によってはデメリット)

悪い点

  • ベゼルが今時にしては太くてデザインがいまいち
  • HDR10に対応しているもののHDR400でもなく効果はよくわからない(個人的にはもともと期待していない)

総評

この値段で4Kなら普通に使う分には十分すぎるコスパだと思います。アクションゲームを本気でやりたいとか、カラーキャリブレーションをして本気でDTPをやりたいとかでないかぎり、これを買っておけば十分足りると思います。

HDR対応の4K IPSモニター。AMD RADEON FreeSyncテクノロジーや、DAS(Dynamic Action Sync)モードなどの各種ゲーミング機能も搭載。 HDR(標準輝度:300cd/㎡)に対応する4K(3840×2160) IPSモニター。滑らかな描写を可能にする「FreeSync」や、映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」。暗いシーンの視認性を高める「ブラックスタビライザー」などのゲーム機能

コメント

タイトルとURLをコピーしました