5/17 通常活動

5月17日。文カフェで通常活動を行いました。

編み物とフェルティング。

フェルティングは3Dなので、あらゆる角度から見て

くびれや膨らみを見本に近づけることが重要になってきます。

3Dといえば、今日たまたま文カフェのテレビで、

立体芸術を学んでいる学生さんへのインタビューが流れていたのですが、

その方は「同じ次元の空間に非現実を作り出せること。それが楽しい。」と話していました。

深いですね。

メンバーとは、鳥の話、手芸のトレンドの話などしました。

他には何だったかな。人の記憶はいつだってあいまい。

文カフェは17時に閉まったので、早めに終わりました。

そうこうしているうちに、私の手元にあるものも完成に近づいてきました。

手を動かしながらものを考えると、とても落ち着いた思考ができる気がします。

手芸の魅力はそんなところにもあるのかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。