過ぎ去りし春の思い出

最近、フェルティングという新たなジャンルを開拓しようと格闘しているナンデモ担当です。

ナンデモ担当という肩書きは伊達じゃない、というアピールです。

 

さて、前置きはこの程度にしておいて、本題に。

今日は30℃を超えた場所もあったようですね。

こうなると季節はもはや夏。

というわけで今日は、過ぎ去りし春の思い出を手芸部の視点から綴ってみます。

 

手芸部にとっての春は「出会い」の春。

4月に新歓活動を始動して以来、多くの方から連絡をいただきました。

入部を決めてくれた方、ようこそ手芸部へ。

見学を予定している方、お待ちしております。

手芸部では、まだまだのんびりと新歓活動を継続していく予定です。

サークルを見つけ損ねた方や、手芸に興味がある方、ぜひinfo@shugei.infoへご連絡ください。

手芸部はまだ見ぬあなたとの出会いを楽しみにしております。

 

そうそう、「出会い」といえば、春にはすてきな再会もありました。

しばらく手芸部を休部していたメンバーの何人かが、顔を出してくれたのです。

久しぶりに一緒に手芸をし、世間話をし・・・・・・。

また一緒に手芸をできることの幸せをかみしめると同時に、メンバーひとりひとりが、手芸部にとってかけがえのない存在なのだな、と強く感じた「再会」でした。

 

「出会い」と「再会」―――

一期一会という言葉をふとした瞬間に感じる、手芸部の「春」でした。

さて、みなさんにとってはどんな「春」でしたか?

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。